コンドロイチンとの相違点

グルコサミンは、コンドロイチンと組み合わせて摂取するケースもあります。どちらも、関節の軟骨部分に関連性が強い成分と言われ、関節痛を和らげてくれると言う事実は知れ渡っていますが、グルコサミンとコンドロイチンの違いとはどのようなものなのでしょうか。

いずれも、関節の痛みに効果をもたらすとされ、関節の動きをスムーズ且つ滑らかにする為には必要であると言われています。同様の効果を実感するグルコサミンとコンドロイチンですが、体内での働きは異なっているようです。

まずコンドロイチンですが、こちらはムコ多糖類の一種となっていて、グルコサミンと違っているのは、軟骨の再生を促進するといった役割は持っていないようです。ですが、軟骨が分解や悪化を防ぎ、クッションと同様の働きを維持します。グルコサミンから合成されるという点も特徴の一つです。

一方、グルコサミンは、アミノ酸が結合して作られたアミノ糖の一種で、摂り入れる事により軟骨の生成を促進します。よって、摩耗により変形してしまった軟骨に効果的であると言われています。これらの事から、変形性関節症の治療に非常に有効な成分であり、実際に活用されているようです。

グルコサミンとコンドロイチンは抽出する手段にも相違点があるのです。前者は、甲殻類の外皮に含有され、植物由来についてはトウモロコシが原料となっています。一方後者については、サメの軟骨から取り出されるものが多く、原料にもこうした違いがあると言うことがお分かり頂けると思います。
Copyright(c) 2016 グルコサミンランキングnet | 軟骨サプリ第1位 All Rights Reserved.