グルコサミンの分類

グルコサミンを含む健康食品やサプリメントの数々の大半は、最寄りのドラッグストアーなどでよく見かけます。

どの商品も「グルコサミン」と言う表記のみですのでグルコサミンは1種類しかないと思われがちですが、グルコサミンには種類があり、一般的な原料としてエビ、カニといった甲殻類が挙げられていますが、それらからグルコサミンを抽出する方法により3種類に分類されると言われています。


1つ目は、N−アセチルグルコサミン。

これは、酵素を用いて抽出したものです。

2つ目は、グルコサミン硫酸塩と称され、こちらは硫酸を用いて抽出したもの。

3つ目は、グルコサミン塩酸塩と呼ばれており、塩酸を用いて抽出したものです。


一般的に用いられているサプリメントの原料には、グルコサミン硫酸塩とグルコサミン塩酸塩が使われているようで、過程や工程は異なっていますが、身体の中に吸収されたそれらは同じように働きます。

ですがグルコサミン塩酸塩は硫酸塩と比べますと、硫酸塩よりも高純度、且つ分子レベルにおいて細かい事が判明しており、グルコサミン塩酸塩がヒトも吸収効率が良く、摂取しやすい事実がはっきりしています。

こういった経緯により、グルコサミン塩酸塩が国内では主流の製法となっている様です。


N−アセチルグルコサミンについては、酵素を分解する事により抽出すると言った方法を取っており、これは自然界にあるグルコサミンの形状を壊す事なく取り出せると言う方法で、実は最も効果が高いとされているのです。


世田谷生まれのグルコサミンが人気
Copyright(c) 2016 グルコサミンランキングnet | 軟骨サプリ第1位 All Rights Reserved.