必要とされる理由

なぜ、昨今ではグルコサミンの需要が高くなってきているのでしょうか。

それは、今の時代の特徴に理由が隠されています。

それは少子高齢化です。

少子高齢化とグルコサミンの関連性は一体どのようなものかと言いますと、グルコサミンは加齢に伴って生成される分量が減ってしまうのです。

例えば、20歳で100%としましょう。

では、40歳に到達した時の生成される量はどうなるのでしょうか。

それは50%、つまり20歳の頃と比較して生成量が半減してしまうのです。

更に60歳になった頃には25%を下回ってしまうのです。


グルコサミンが減少するとどうなるのか。

グルコサミンは軟骨成分のヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の主原料であり、軟骨は関節(骨と骨の間を連結させる部分)においてクッションのような働きをします。

これが、腕や膝を始めとする関節全ての曲げ伸ばし運動によって消耗されていきます。

若い時であればその消耗に追いつく生成量が期待出来る訳ですが、先述の通りグルコサミンの生成量は加齢と共に衰えてしまうのです。

グルコサミンの減少は軟骨の減少と繋がっている為、関節にあるクッションも磨り減り、骨同士が直接摩擦してしまうことで痛みが生じるようになってしまうのです。

このような骨同士の摩耗を防ぐ為にも、クッションの役割を果たしてくれる軟骨を維持することが必要不可欠であり、その為には加齢に応じてグルコサミンが必要になる、という訳なのです。


世田谷自然食品のグルコサミン+コンドロイチンが一番おすすめです
Copyright(c) 2016 グルコサミンランキングnet | 軟骨サプリ第1位 All Rights Reserved.