運動によって痛める関節

ニュースや新聞記事などでは、スポーツ選手が「じん帯損傷」、「半月板損傷」と言った症状によって長期間の休養をしなくてはならないと言う内容を目にする事も多く、運動をしている人でも、怪我をしてしまうと言う事実は私たちも良く知っています。

日頃鍛えているはずのスポーツ選手たちが、どうして怪我を負ってしまうのでしょうか。

実際の所、スポーツ選手に限った事ではなく、「じん帯損傷」、「半月板損傷」と呼ばれる症状も関節痛の類とされています。

運動をしなくても、運動をしても関節を痛めると言うのは不可解な事実ではありますが、スポーツ選手に良く見られる関節痛のひとつ、「半月板損傷」の半月板とは、膝と膝の間の存在する繊維質の軟骨であり、跳躍した後の着地の際の衝撃などで裂けてしまうケースがあるようです。

これはスポーツ選手ではなくても、加齢と共に衝撃に耐えられなくなってしまうと言う特徴があります。

もうひとつの関節痛「じん帯損傷」はどうでしょうか。

膝にある4種類のじん帯(外側側副靭帯、内側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯の4つ)が様々な動きを維持しますが、突然駆け出すと言った動きや、急激な衝撃に耐え切れずじん帯が伸びてしまった際は断裂してしまう恐れがあり、スポーツ選手は常日頃運動をする関係により、実際に損傷してしまうケースが多いようです。

スポーツをする事で必ずなってしまう訳ではないので心配はいりませんが、運動の前にはしっかりとしたストレッチや準備運動が重要であると言う訳なのです。

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチン
Copyright(c) 2016 グルコサミンランキングnet | 軟骨サプリ第1位 All Rights Reserved.